torajiroと嫁と彼等の日記


オヤスミチュー!!
by Torajiro997
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

カテゴリ:ワイン( 8 )

ワイン三昧

とある会に出席してきました
a0051859_12284775.jpg



そこで出てきたのがコレ

ルイ・ロデレールというシャンパン
a0051859_12285939.jpg



2次会では

こんなのや
a0051859_12294277.jpg


あんなのや
a0051859_12295074.jpg


いろいろ
a0051859_12295889.jpg


いろいろ
a0051859_1230623.jpg


いただいて
a0051859_12303419.jpg




ワイン三昧の一日でした

あー美味しかったーーー
[PR]
by Torajiro997 | 2006-10-16 12:31 | ワイン

本日のワイン

a0051859_1938235.jpg


ラッチ・デ・ライム 2005 セリェール・ピニョル


今回はスペインのワインです


ぶどう品種:ガルナッチャ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルロー、シラー


毎度おなじみmouton商店さんからのお取り寄せ品


味のほうはといいますと


なんとあのパーカー氏が「ケース買いすべき」と言ったとか言わないとか言ったとか


なんと一本1180円というコストパフォーマンスの良さ


僕もケース買いしたくなりました(マヂ)
[PR]
by Torajiro997 | 2006-10-04 19:42 | ワイン

本日のワイン


今回もmouton商店さんからのお取り寄せ品

マルサネ・ルージュ 2004 レシュノー・フィリップ

ブルゴーニュのワインです

a0051859_9343690.jpg




お味は軽すぎず、重すぎず

絶妙のバランスです

普段飲みにしたいところですが

ちょっとお高めなのが残念



以下はmouton商店さんのコピー

ポンソ、ルソー、デュジャック等、超一流に伍する力量をもつとも評される新進ドメーヌ。父フェルナン('86年死去)の時代にはほとんどネゴシアンに売り渡していたワインも、現在は二人の息子(兄のフィリップが耕作を担当し、弟のヴァンサンが醸造を受け持つ)によって全て元詰めされるようになりました。9ヘクタールを数える地所は1ヘクタール弱の白の区画を除くと、樹齢の平均はおよそ30年と安定していて、1級、村名畑がモレ、ジャンボール、ヴォーヌ、ニュイ(広さは0.1ヘクタール弱ですが、唯一の特級畑であり、ドメーヌで最も評価の高いクロ・ド・ラ・ロッシュを含む)の村に点在しています。

造り手は水準の高いワインを生み出すドメーヌが用いる手法とほぼ共通していて、すなわち、低収量に徹し、選果を十分に行い、発酵前の低温浸漬、ピシャージュは決して欠かさず、また、濃縮度を高めるセニエも年によっては用いるという具合。生まれるワインは色濃く、深みと凝縮度に優れ、後味の風味も長い、優良ブルゴーニュ赤の模範となるようなもので前途々。働き者の兄弟が絶妙なバランスで見せる繊細な土地の風味と完熟したぶどうの豊かさ。温かみと濃さのあるチェリー、優しく健康的な果実味のまっすぐなワインです。
[PR]
by Torajiro997 | 2006-09-10 09:31 | ワイン

キターー

a0051859_20182416.jpg



毎度おなじみmouton商店さんのお取り寄せ商品です


今日届いたのですが待ちきれず一本空けてしまいました


本日のワインは オネイロス 2004 ドメーヌ・ソーヴェット です


最近ソーヴィニヨン・ブラン中心に攻めてましてCP非常に良いワインですね

また注文します(マヂ)


以下はmoutonさんの受け売りというかコピーです

ドメーヌはシェール県のモンソー地区にあり16ヘクタールを所有しています。エコセールに認定された有機栽培を行っています。ロケーション、気候、日照時間など恵まれたテロワールを表現したワインが生まれます。

オネイロスとはギリシャ語で「夢」という意味。トロピカル系フルーツやグレープフルーツのアロマ、豊かな果実味とキレのよい酸味を持ち、ロワールを代表するソーヴィニヨン・ブラン種の魅力に溢れたお買得ワイン。



ちなみに後ろに写っている本はおまけに入ってました

いつもいつもありがとうございます m(__)m
[PR]
by Torajiro997 | 2006-09-04 20:23 | ワイン

マタマタキターーーー!

mouton商店さんご提供の


a0051859_20493835.jpg



ボルドー6大シャトーセットです!!


え?ボルドーに6大シャトーもありましたっけ???


ま、一本はご愛嬌ということで(笑)


本当は5大シャトーセットです


しかもご好意により一本サービスしていただきました(多謝)



飲むのが楽しみーーーーーー!


でもビンテージが若すぎるのであと数年後に飲み頃になるのでしょう


早く飲みたい(ボソッ)
[PR]
by Torajiro997 | 2006-07-27 20:52 | ワイン

キター!

ワインセラーがやってきました


moutonさんのマネをさせていただきました(笑)


以下のコメントもmoutonさんのパクリです(笑)
エンジェルシェアという名のワインセラーです。エンジェルシェアとは、ワインや蒸留酒がバリックでの熟成中に蒸発して目減りするのは、蔵を守る天使の分け前になるから、という伝承からきています。50年も寝かせたシングルモルトなどは元々あった量の半分以下になってしまうというから、商売がたきな天使もいたものです






ちなみに僕が買ったのはシルバーで黒よりも若干値段が高めです


スリムですが結構背が高いです


コーチ比でこんな感じ(笑)
a0051859_16253655.jpg








コロがついているのでコロコロと動きます
a0051859_16285374.jpg









お酒コーナーにすっきりおさまりました
a0051859_16291783.jpg

[PR]
by Torajiro997 | 2006-07-22 16:29 | ワイン

今宵のワイン


シャンボール・ミュジニィ レ・ザムルース  1999 ロベール・グロフィエ


a0051859_21415117.jpg



mouton商店さんからのお取り寄せ商品です

ご好意により注文したものよりもグレードアップされております

この場をおかりして御礼申し上げます  m(__)m



飲んだ感想ですが

一口飲んでこのワインが持つポテンシャルに唸ってしまいました

こりゃー美味しい!!

んで濃い!マイッタ!!




以下はmouton商店さんのHPより抜粋させていただきました
ロベール・グロフィエが息子のセルジュと共に運営。セラーはモレ・サン・ドニ村の南端、畑はジュヴレイ・シャンベルタンとシャンボール・ミュジニィに位置します。グラン・クリュはシャンベルタン・クロ・ド・ベーズとボンヌ・マールを所有。シャンボール・ミュジニィのプルミエ・クリュ「レ・ザムルーズ」は最大の1.15ヘクタールを所有。色が濃く力強い、柔らかくてしなやかなワインはまさにグロフィエスタイルと信奉者は多い。果実味も豊かで樽香も印象的です。

濃縮感のある赤みがかった色調はグロフィエならでは!樽から来るコーヒーや凝縮感のあるリキュールのような部分も非常に良くてまとまりがあります。味わいはトロリとした粘着性があってジャムのようで非常にネットリとしています。タンニンは強くてしっかりしていますので、そういう意味ではテロワールの個性より造り手の特徴が前面に出ている印象。実質的な特級畑と評価される「アムルーズ」の中でも飛び抜けたクオリティと人気を誇る逸品です。
[PR]
by Torajiro997 | 2006-06-29 21:51 | ワイン

本日のワイン

ネタはあるのだが最近放置ぎみですいません

なんだかやる気がわかなくて(^^;;;)

と言いつつ更新(笑)





ワイン好きの私ですがいつも飲みっぱなしで感想を書いてないことに気付きました(笑)

というわけでワイン日記カテゴリを作ってみました

本日のワインは
ヴォ-ヌロマネ
a0051859_12365812.jpg



毎度おなじみmouton商店さんからのお取り寄せ品



最近勉強中なので
このワインを飲む前にちょっと薀蓄を

ブルゴーニュ地方はパリの南東ソーヌ川に沿って南北に細長くのびるゆるやかな丘陵地で
この地方の北部にコート・ド・ニュイ地区はあります
いくつかの村があり
ジュヴレ・シャンベルタン村
モレ・サン・ドニ村
シャンポール・ミュジニー村
ヴージョ村
ニュイ・サン・ジョルジュ村
などが有名です

その中でもフランス屈指のワイン吟醸地なのが「ヴォーヌロマネ村」で

ここには
あの有名な「ロマネ・コンティ」をはじめとして
「ラ・ターシュ」
「リシュブール」
「ロマネ・サン・ヴィヴァン」
「ラ・ロマネ」
「ラ・グラン・リュ」
という6つの特級畑があります

そしてお隣には「フラジェ・エシェゾー村」があり
地図上ではお隣の村ですがワイン関係の法律上ヴォーヌ・ロマネ村産のワインとして売られています
この村には「エシェゾー」、「グランエシェゾー」という2つの特級畑があります


a0051859_12404490.jpg




ブルゴーニュでは
特級(グランクリュ)
一級(プルミエクリュ)
村名ワイン
広域の名前がついたワイン
というふうに徐々に格が下がって安くなっていきます

でこのワインはそういう村で作られたいわゆる「村名ワイン」というやつです
だからといってまずいというわけではもちろんなく
非常においしいです
むしろ普段飲むワインとしては高級すぎるくらいです

あー疲れた(笑)

次はどこのワイン飲もうかなっと♪
[PR]
by Torajiro997 | 2006-05-25 12:39 | ワイン


最新のトラックバック
納鍵(笑)&水道橋オフ
from 研究者の通勤路
善は急げ
from スパイク父さんの呑気な日々
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧